HOME
 
 ● 学 校 紹 介
   紹 介・沿 革
   教 育 目 標
   行 事 予 定
   いじめ防止基本方針
 
  ● 学 校 の 様 子
   学校・子どもの様子
 
 ● 緊 急 時 の 対 応
   台風・地震の時
 
       学  校  紹  介 ・ 沿  革

本校は,もともと大成小学校の校区であったが,同地区の宅地造成に伴う児童数・学級数の急増(昭和45年度には31学級,1,150名)により,昭和46年4月大成小学校より分離して開校された学校である。

 学校は,多度の山並みや木曽三川の流れ,桑名市街の様子を眺めることのできる小高い丘の上に建ち,農村地帯であったこの地区にも近代的な住宅が建てられ,地域の様相も変化してきた。校区の北西側に大桑国道が通じ,西部には新西方団地の造成が進められ,平成5年度より本校に通学していた新西方児童45名は,平成7年4月学区変更により新設校藤が丘小学校へ転出した。

 このように変化する社会環境の中で,水田・タケノコ山など豊かな自然に恵まれた児童は,子どもらしい純粋さや素直さを持っている。そのよさを大切にしながら,新しい時代に対応できる確かな学力や思いやりのある優しさ,最後までやりぬく行動力を身につけさせるべく,全教職員が努力している。

昭和 44 09 大成小学校の児童増により同校分校として用地買収(12.443u)
昭和 45 08 校舎建築着工
昭和 46 03 30 第一期工事完成
04 30 第二期工事完成
05 01 桑名市大和小学校として創立
05 23 給食施設完成
昭和 47 07 07 プール完成
12 体育館完成
昭和 48 04 19 校舎・体育館・プール落成式
11 校章制作
11 6 校歌制作
昭和 50 07 小鳥小屋完成
09 10 交通公園完成
昭和 58 07 30 プレハブ倉庫(幼稚園兼用)完成
平成 02 11 08 「特色ある学校」として校庭にフィールドアスレチックを建造する
平成 04 08 小鳥小屋改築移転(西昇降口前より東昇降口横へ)
平成 07 10 03 耐震診断調査
12 25
平成 08 07 08 体育館塗装及び大規模第一期改造工事
09 17
11 07 耐震補強調査
平成 09 02 04
07 22 耐震補強及び大規模第一期改造工事
09 30 大規模(受変電設備)改造工事
11 10 大規模(受水槽設備)工事
平成 10 01 30
06 02 大規模(空調設備)工事
09 09
06 03 大規模二期改築工事
09 30
平成 11 08 03 体育館出入口鉄扉改修
10 01
平成 18 01 アスレチックの撤収、新しい遊具(滑り台・ターザンロープ)の設置
平成 21 05 28 屋内運動場耐震補強及び大規模改造工事
09 25
平成 21 08 06 校舎内トイレ改修工事
11 30
校地・施設の概要
(1) 耕地面積 12,443u
@建物敷地面積   5,180u
A運動場面積  7,263u
(2) 校舎面積  2,891u
(3) 体育館面積   632u
(4) 体育倉庫面積   101u
(5) プール面積    375u
 Copyright (C) 2017 taiwa elementaryschool All Rights Reserved